ソクラテス的理解法

ソクラテス的理解法

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


あの人は物わかりのいい人だ。



と、人を評する時にそんな言葉を使う。



つまり、この言葉を吐いた人は
その「物わかりのいい人に」
自分の事や事象をを理解してくれたと
感じているという事だ。





では、この人はこの「物わかりのいい人」を
理解してるのであろうか?








むかし、ソクラテスは
「大工と話す時は大工の言葉を使いなさい」と言った。






受け手の立場に立って、
その目線にまで自分を持っていき
受け手の思考を我がものとしなければ
本当の意味のコミュニケーションは
難しい、と言う話。





同じような事を
社会学者のドラッカーも言っている。

「自分の視点から発する言葉のみで話しても、
相手には十分伝わらない事がある」





手前みそで恐縮だが
我々、漫画家や作家は
その作中で様々な人物を描きわける為
日常的に各キャラクターの立場を考えており、
また、その勉強のために実際の世界でも
相手の立ち位置に立ってモノを考える事が
癖になっている。


つまり、
日常的に相手を理解しようとする姿勢を保っており、
また、それに慣れていると言っても良いだろう。



以前書いた、「思考目線」の解析と認識だ。



漫画のストーリーでは主人公の持つテーマ(生き様)
がメインテーゼになる為ドラマはより劇的に展開し、
キャラクターたちの思いが一つになり理解しあった時に
クライマックスとともに感動が湧き起る。



人は理解しあうために生きてると言ってもいいかもしれない。





ただ、世の中には未だに一視的な目線しか持てず、
相手を理解できないで苦しんでいる人がたくさんいる。
(往往にしてこういう人はまず相手を否定することから始めるのだが・・orz)





先日の話。


ある人が娘の素行に(女子高生)
親としてどうしたものかと悩んでいた。


もちろん親としての立ち位置は重要だが
その人は自分の、
親としての立ち位置ばかりを話しており
娘の立ち位置まで彼は歩み寄ろうとはしていなかった



結果、娘の好きな音楽も漫画も話し言葉も
理解しょうなどと言う発想もなく
ひたすら、親の言う事を聞けとばかり言っていたようだった


親の立場の押し付けである。


そんな事で女子高生が納得する訳が無いのである。





彼は営業マンであり、
普段はお客さんの立場に立ってものを考えるのだと
豪語していたのだが・・


もしかすると、彼は女子高生相手の
営業は出来ないかもしれない。


むろん、そんな女子高生に特化した商品があったらの話だが・(爆)



昨今の女子高生の目線になれと言うのは
そんなに難しい事なのだろうか?



ソクラテス的理解は
自分の目線さえ外せば
簡単な事であるのだが・・・


漫画家は仕事として、
老若男女問わず、果ては宇宙人まで
ソクラテス的理解を目論見る仕事なので、
その程度の事(女子高生)は朝飯前だったりするのだが・・・





しかし、
彼は最後にこう言った。



「娘には親の気持ちなんか全然分かんないんですよね」


この親子のソクラテス的理解はまだまだ遠そうである。





関連記事
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
「自分の目線を外す。」

改めて考えさせられました。
ちょっと思い当たる節があるので、少しずつ実践してみます。

ありがとうございます。

2009/11/27(金) 10:58 | URL | k65.y #-[ 編集]
自分の良くないところとしてできるだけ気をつけるように努力していることがあります。
相手に自分の考えていることを押しつけないためのことなのですが。
会話ではまだまだ意識が足りなくてつい口にしてしまうのですが。
『オレは…』『私は…』『自分は…』という言葉を多用しないようにと思っています。

まぁ、このブログに関して興味があることと言えば。
スカートがホント短い最近の女子高生の性生活事情だったりするレベルのおいらですが。
ここでいま使った『おいら』という言葉は明らかに自分の考えることをわかってほしいと願っていますよね。
ソクラテス的理解、参考になりました☆~
(>_<)
2009/11/27(金) 12:53 | URL | 白虎ひろゆき #mQop/nM.[ 編集]
ひとつの解決方法がありますよ。
それはブログを始めることです。しかも全年齢が対象のものを。

私がブログを始めてから、先生を筆頭に様々なお客様がご訪問下さいました。なかには現役の男子学生や女子学生もいます。

特に女子学生は本音を包み隠さず自分の言葉で語ってくれるので、彼女たちの気持ちがおぼろげながらも分かるようになってきました。

私にもソクラテス的理解ができる日が来るかもしれませんね。
もっとも、それができなければ「教師失格」ですが。
2009/11/27(金) 19:59 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
k65.様>

ブロとも申請ありがとうございました!(≧▽≦)/

とりとめのない事ばかり書いてますが
今後ともよろしくお願いいたします。
2009/11/27(金) 23:23 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
白虎ひろゆき 様>

一番上位の状況は俺たち、僕ら、私たち、
などの相互依存状態がいいよね。

ナイスなパートーナーを見つけなきゃねw
2009/11/27(金) 23:25 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
黒田裕樹様>

確かに!!
ブログを通じて異業種、異性、異年代との
総合的な交流は最も良いかもですね。

友人に勧めてみます!
もちろんFC2で(爆)
2009/11/27(金) 23:28 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/85-aa06e658
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
「普段はツンツンと澄ました態度を取るが、思いもしない瞬間にデレデレといちゃつく少女」 「普段は越後のちりめん問屋の頑固な隠居、いざ...
2009/12/18(金) | ☆☆気づきの記☆☆

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。