推理クイズ(回答編)

推理クイズ(回答編)

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


さて、皆様。



前回の続きです。



凍った川と五人番に守られた
屋敷内で起こる 、真冬の密室殺人事件。




もう一度事件現場をお見せします。

snap_gekiuchi_2009116181354.jpg




凍った川に五人番・・





しかし、
誰も入れないはずの、
この屋敷には
たった一つだけ不審者を
引き入れてしまう
隙ががありました。






たった一つのチャンス。







それは・・・







前回文中の
この一文が重要な要素なのでした。





一度、5人番の番頭が門よりも
角の川を気にして少しその配置を変えたが
基本的に守るべき所の一面づつを
5人で警護する状態には変わらない。










この五人番の配置の変更。





実は
これこそが
侵入不可能と見えた
この屋敷に不審者がが入り込める
唯一のチャンスであり、
トリックそのものなのです。






一つの辺を、それぞれ五人が守る。




もう一度図を見てください
五人番は全員で9人です。




五人番×2辺で10人ではなく、
9人なのです。




これは一角を一人が二面分重複して見張ってるから
できる事で、これによって9人で問題なく一面づつ五人の人間が番をできるわけです。




では、この五人番を8人で構成できたとしたら・・・


















その配置がこれです!!








いかがでしょうか?




この配置こそが、一面、五人での番を
しながら、一人の人間が
消失するという現象が起こる訳です。




つまり、
この消えた人物。




この人物こそが
この密室殺人を唯一犯すことが
可能な人物と言う事になるのです。




詰まり犯人は
五人番を指揮して
配置を変える事が出来る
唯一の人物。


五人番の番頭が
その犯人と言う事になります。





もちろん、漫画の中では、
たまたま、そこを通りかかった
人物が五人番は確認するが
雪で人相や姿、がよく見えず
誰かが消えていたなどとは
思いもつかなかったり、

犯人がいた場所は
表門から最も遠くいたはずなのに
被害者が絶叫とともに
息絶えた時、不自然な時間に
現場へ到着したりと
(殺害後、仲間が来るのを隠れて待っていた)


様々なエピソードや
伏線が張ってあったのですが

メインのトリックは

消えた9人目こそが大きなポイントなのでした。





この推理物ってのは
作るのが難しく、連載も
月刊誌で2年くらいやったんですが
もう、へとへとでした。(爆)




もう、あまりやりたくないネタですね。



トリック考えてるだけで
頭が痛くなっちゃうし


打ち合わせで喫茶店あたりで
完全犯罪がどうの、
殺し方が問題だのと
大声で編集さんと話すものですから
周りから変な眼で見られたりと
大変でしたから(爆)




皆様には
佐佐木の拙い文章表現で
御迷惑をおかけしたにもかかわらず、
お付き合いくださいまして、
まことにありがとうございました。



これにて、回答編とさせていただきます。





えーーーーーーーーーーー佐佐木あつしでした(古畑任三郎の声で)





関連記事
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
なるほど、考えられましたね。
銭形平次だったら解決できたかな(笑)。
時代劇だと、普段は善人役の人を犯人にして、9人の中に普段は悪役の人を何人か入れておけば、ますます訳が分からなくなるでしょうね(^^♪

ところで、前記事を見直した際に気づいたのですが、問題編が「問題変」になってますよ…って、これ、突っ込んだらアカンかったかな?
2009/11/15(日) 13:34 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
連載でこういう作品は、ネタを毎回考えるの大変ですね。

しかし、最初の「五人番の裏切り」で方向性は良かったのか…。
勝手に難しく考え過ぎてしまいました。
「どうやって殺したのか?」というクイズにだけ意識を向けていたのが失敗でした。

「配置換え => 一人減らす」が読み取れなかったのが悔しいです。
むむぅ。残念。

でも、いろいろ考えてみたので、とても楽しかったです。
2009/11/15(日) 13:59 | URL | k65.y #-[ 編集]
こんばんは、なるほど・・・そう言うことですね

ビックリするぐらい的外れな所へ目を向けていましたOTZ

2009/11/15(日) 20:58 | URL | 屋炉 #YeFwB4VE[ 編集]
黒田裕樹様>

>時代劇だと、普段は善人役の人を犯人にして、9人の中に普段は悪役の人を何人か入れておけば、>ますます訳が分からなくなるでしょうね(^^♪

まさにビンゴです!
漫画の作中では番頭が(本当は同心でしたが)善人と言うか、
口は悪いが本当はいい奴?的なイメージでだして、読者を
けむに巻きました。(爆)

漢字のご指摘ありがとうございます。

速攻でなおしておきました(/ω\)ハズカシーィ
2009/11/15(日) 22:13 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
k65.y 様>

かなり、いい所までいってましたね。
角の重複に気がつくと五人番の不自然さが
見えたかもですね。

っていうか、あの五人番って言葉から佐佐木の考えた
虚構の役なんですけどね。史実にはあんな役はありません(爆)
2009/11/15(日) 22:18 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
こんばんわ、佐佐木先生

なるほどwすごいですw

答えが配置換えとは気づかなかったですww

てっきり、川の向こうからトンネル掘って城の中を乗り込むと思っていたwww(考えれば推理なのにこんな考え方してしまったw)

また、遊びに来ますw
2009/11/15(日) 22:20 | URL | ナタク #-[ 編集]
屋炉様>
こんばんは。

>ビックリするぐらい的外れな所へ目を向けていましたOTZ

何処に目が行ってたんだろう?むしろそれが知りたいです(笑)
2009/11/15(日) 22:21 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
ナタク様>

こんばんわ。

ミステリは読むのは好きなんですが
作るのは苦手です。

連載中は毎日完全犯罪を考えていましたから(爆)
かなり危ない人ですよね。orz
2009/11/15(日) 22:24 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/67-2465f4dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。