株式会社の作り方(長文)

株式会社の作り方(長文)

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


会社登記申請完了



皆様、いよいよ今年も残すところ
あと僅かですがお元気に過ごされていますでしょうか。

最近の佐佐木は少しバタバタしてまして
記事の更新が滞ってしまいすみませんでした。


本来なら今年、夏か転んでも秋には
法人化しようとやってたのですが
これがなかなかどうして(笑

思った以上に進みが悪く
気が付くと年の終わりになってようやく
先日、12月8日に会社登記申請が完了しました。



後に会社登記の流れを
漫画化してわかりやすく説明したものを
出版しようという目的で
あえて司法書士さんに頼らず
自分一人でやってみようということで
頑張ってきましたが

それにしても法的な手続きというやつは
思った以上に面倒くさいものでした(笑



昔、「会社なんか3日もあれば一人で作れる」と豪語した
どこやらのトンでも社長が知り合いにいましたが

そんなのは全くの嘘っぱちです。

そもそも、法務局に申請を出してからでも
受理されるのに早くて4日、遅ければ1週間くらい時間がかかるのに
どうやったら3日で会社が起こせるのか(爆





そもそも会社はそのイメージ。



つまり発起人となる人間が
どんな会社にして、どんな規模で、どんなビジネスを展開し、
基本理念をよくよく熟考してイメージを固めて
それでようやく初めて、
書類の作成作業に入ります。




ぶっちゃけ、佐佐木は
この会社のイメージつくりに
ほとんどの時間をかけました。


それと同時に会社を設立するための
周辺の用意。


たとえば自社サーバーの確保や
メールアドレスの取得の用意
HPの作成等、下準備は結構時間がかかります。



当初、何も知らなかった佐佐木は
メールアドレスなんか適当なものでいいんじゃないかと
思っていたのですが、佐佐木を心強くサポートしてくれている
W氏から株式会社は[co,jp]を付けたほうが絶対にいい。
信用度がまるで違ってくるのだと教えてもらいました。

なるほど、よく見たら世の中のちゃんとした会社は
どこの会社もちゃんと[co.jp]を付けている。
ドットコムってのもあるがこれは今では商用サービスに
使われる例が多いという。

そう言えば、先ほど出てきた
トンでも社長の経営する会社はなんだかヘンテコなアドレスを
無料だからという理由で使っていたのを思い出しました。


しかし、このイメージつくりがある程度
固まっても実際の手続きは素人には
なかなかハードルが高いものです。


W氏は自ら20冊近い起業関連の本を読んで
その中から厳選した一冊を佐佐木に手渡してくれました。


そういった起業関連の本も
まさに本屋さんに行けば星の数ほどありますが
きちんと選ばないと書いてある内容が
難しすぎたり不親切な説明の羅列だったりで
下手な本を教材にすると、その時点で
「俺には無理だ~~~!!」と言う事にもなりかねない。


スタート地点んでへこたれる様では話にならないので
この教材選びはとても重要です。


会社を作るには片っ端から
書類を作成していかねばなりません

「発起人会議」に始まり
「発起人会議事録」を作成し

代表は誰になるのか?役員はだれか、
株式の総数や資本金はいくらにするのかなどの
話し合いを記録し、ちゃんと判子もついて
保管していきます。

世間でよくある役員詐欺ってのは
この段階以降話や言葉には名前が出ても
記録や書類には役員として名前が記載されずに
それにもかかわらず
「あなたを役員にしてあげるから少しお金出してくださいよ」
というやつです。


少し話が飛びましたね^^

ともかく、
そういった諸々の作業を進めながら
会社つくりの根幹となる
定款を作っていきます。

定款とは会社の組織や活動などに関する根本原則を指します。

これにもちゃんとした書き方があって
公的な文書として成立していないとダメなんです。

たとえば住所にしても
役所に登録してある正式な住所を書かなければならない。

そのために印鑑証明や住民票を取って確認しながら
必要事項を埋めていく。

この段階でかなり頭が痛くなってきますが
頑張って作成してそれを公証人役場へ持っていき
承認してもらう。


言葉に書くと簡単なようですが
誤字脱字は一切許されませんし
日付的な矛盾はもちろん記載内容の
細かな書き方まで本当に重箱の隅をつつくようにして
作っていかないと何度も何度も
公証人役場へ足を運ぶ羽目になります。


こうしてようやく承認を得た定款ですが、
(この時点で収入印紙代として5万円ほどかかります)
次はこの定款と
諸々の書類を持って今度は
法務局へ行かねばなりません。


法務局へはさっきの定款と
「登記申請書」に「株式事項の同意書」。
「設立時取締役選任及び本店所在場所決議書」やら「就任承諾書」やら
「資本金の払い込み証明」だのとなんやかんやと
いっぱい書類を作らねばなりませんし書き忘れましたが
この書類に押印するため会社の判子も予め作っておかねばなりません。


定款だけでも大騒ぎして
重箱の隅を突き倒して作っていきますが
今度はこれら様々な書類全部を
同じく公的書類としてキチンと完成させていきます。

佐佐木は法務局様には都合4回ほど足を運ばせていただきましたが
最後のほうにはヘラヘラと虚ろな笑みを浮かべながら通っていました。

なんだか、昔なかなか通らない漫画のネームを
何日も徹夜して出版社へ持込みに行ってた時代を思い出しました(爆


こうして、先日ようやく申請書類一式を
法務局へ提出し今は受理されるのを
待っているといった現状です
(何か不手際があると法務局様から電話が来てもう一度やり直しとなーる)

法務局には印紙代に15万円かかります。

トータルすると会社を作るには印鑑代やら印紙代を入れて
一人でやれば、おおよそ25万円くらいで済みます。



初めにも書きましたが
今はこのあたりの会社設立に関する
経験談を元に漫画家でも作れる(爆)
会社設立までをわかりやすく描いた漫画を
企画しようかと画策してます。

前に出先部分だけ記事に書いた小説も同時進行よ♡
そっちはさっき出てきた
トンでも社長なんかの話も面白おかしく
描かせてもらおうかと思ってます^^


いやあ、世の中社長って言っても
いろんな人がいるもんです。

中には人をだまして
金の亡者となってる社長から

世の中にどうして貢献していくかを
真剣に考え行動してる社長

真摯にビジネスに向かい
適切な価格で最高のサービスをめざし
実践的な行動に出てる社長


ほんとうにいろいろです。




佐佐木はどんな社長になるのか・・
それは言葉ではなく行動で示していこうと思ってます。



がんばりマッスル!!^^
関連記事

タグ : 佐佐木あつし 起業 定款 登記 簡単 漫画 AtoC

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
お疲れ様でしたm(_ _)m
今回の記事を拝読して、かつての私の業務(司法書士補助者)を思い出しました。随分ややこしいことをやってきたんだなぁ、と今更ながら思ってしまいます(^^ゞ

登記が終わって、名実ともに会社がスタートですね。社長業に幸あらんことを祈ります。
2011/12/11(日) 19:57 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
黒田先生>ありがとうございます。本当に大変なお仕事に着かれてたんですね、尊敬します。
自分でやってみてつくづく思いました。しばらくはコリゴリですがまだまだいろいろ手続きが(役所系)待ってるそうで、もうあとひと踏ん張りです^^
2011/12/12(月) 16:07 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
佐佐木先生。
お疲れ様でした!
いよいよこれからですね。
頑張って下さい。

今のままの出版社と漫画家の関係では、もう先がないのではと
思い始めてします。

少なくとも、新人漫画家さんは
数年描いたら、アホらしくて
辞めてしまうのでは?と思います。

どうか、先生の事業が漫画界の活性となりますように。
2011/12/15(木) 12:50 | URL | しより #-[ 編集]
しより先生>

ありがとうございます。頑張って未来のクリエィターたちのために
活躍の場を提供できるように頑張ります。

確かに先生のおっしゃる通り
時代はほぼ百年以上続いた出版システムから
劇的な変化の時代となっています。

デジタルの波は昔の黒船と同じく
出版界に開国を求めています。

歴史に学ぶなら
我々はもっと自由に作品を発表できる
時代を作っていかねばなりません

大政奉還は始まっているとすれば

作家から直接エンドユーザーに
良質の作品を届ける。
そんな世界の到来が待ってるかもしれません。

一言で済むほど
簡単ではありませんが
確実に一つの時代の過渡期であると思います。

どこまでできるかわかりませんが
僕の愛した漫画へ恩返しのために
働きたいと思います^^


ありがとうございました。
2011/12/16(金) 01:27 | URL | 佐佐木あつし #-[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/375-d17eabfe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。