電子書籍の未来

電子書籍の未来

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


昨日、ブロ友のしげさん(IT会社社長)を誘って
秋葉原UDXで開催されている、
「電子書籍・コミックサミットIN秋葉原」へ行ってきた。


共済は経済産業省、NPI法人、映像産業振興会で
後援には日本電子書籍出版社協会やデジタルコミック協議会をはじめ
秋田書店・角川・講談社・集英社や小学館など
大手出版社が名を連ねている。

101114_1553~01



会場に入ると
目につくのはipadをはじめおそらく世界中の
情報端末が並んだブース。

一見しただけでも
こんなにあるのかと驚かざるを得ない。

SN3J0305.jpg

いくつか触ってみたが
体感的な操作やインターフェイス
は流石といったところか?


一緒に来て下さった、しげさんが
佐佐木にもわかりやすく
そう言ったもろもろの事を教えてくださり
大変参考になりました。


この手の事は
変に多少かじった人から
教えてもらってもチンプンカンプンな事が多いが、

キチンとしたその道のプロに教えてもらえると
サクサクと理解が出来る。


まさにやはり、餅は餅屋なんですね(≧∇≦)b



大手出版社も本格的に乗り出してきた
電子書籍元年と言われる今、

描き手、作り手、読み手が
混然一体となったソーシャルメディアの未来は
どうなっていくのか?

SN3J0306.jpg

会場内のパネルにあった
アスキー総合研究所さんのサーベイでは

今後の電子書籍、コミックの利用意向は約半数
となっていて、中でも10代の男女、学生層の比率が
高い。

デジタルネイティブが今後大きなカギとなるだろうと
分析している。



マンガだけではなく
従来の紙媒体は見開き構成で
順次読んでいくと言ったレイアウト上の
約束事から解放、
またはデジタル的後退としての新しい
見せ方・・

つまり、自在のスクロールや拡大縮小の
獲得と見開き効果の減退(ある意味紙芝居的見せ方)が
紙媒体が今までに獲得してきた約束事(読み方)の様な新作法を
構築しその流布に成功した段階で

本という一つの概念が根底から
変わるのだと思う。



作家として、あるいは、
プロデューサーまたはデレクターとしても
こういった時代の波に置いていかれないように
頑張るしかない(笑)




そうこう考えてるうちに
街はクリスマス一色に変わっていく・・


SN3J0307.jpg








関連記事
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
お疲れ様ですm(__)m
電子書籍のことはまだ全く分からないのですが、今までの価値観を根底から覆しそうな予感がしますね。

将来の可能性も気になりますが、少なくとも時代に取り残されないようにしたいものです(^^ゞ

話は変わりますが、次回の東京講座は来年2月19日に行うことにしました。会場は浅草の予定です(^-^)v
2010/11/15(月) 17:31 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
佐佐木あつしさん、こんばんは。
サイドバーに掲載されていたプロフィールも拝見しました。
漫画製作活動は勿論、広告漫画の分野でもご活躍されていらっしゃるのですね。また、国際デジタルプロジェクトなどの代表もされて、尊敬してしまいます。
漫画の世界は憧れなので、思わずご訪問をしちゃいました(*^_^*)
これからも度々、遊びに伺わせて頂きます。
2010/11/15(月) 17:54 | URL | Ayana' #-[ 編集]
結局、相場がいくらになるのかは見ものでしょうね……。

貧富の差がますます加速しそうです……。

うーん……。
2010/11/15(月) 19:31 | URL | ポール・ブリッツ #0MyT0dLg[ 編集]
ご無沙汰してます~。この話題、僕も興味あります。
電子書籍は可能性の宝庫だと思いますね。
例えば今人気のライトノベルなんかは、アニメ文化と物凄く相性がいいので人物の台詞の部分に豪華声優陣を加えて聴覚で楽しませるなんてことも出来そうですし。

筒井康隆や寺山修二クラスの天才なら、電子書籍でしかできない視覚効果を巧みに使った小説や詩を考えるかもしれません。

それに甘えて内容がおろそかになるのは怖いですが…
まあなんでもツールは使う人間の才能次第ですよね。作家さんたちには、ツールに振り回されることだけは避けてもらいたいです。
2010/11/15(月) 22:42 | URL | Rich #-[ 編集]
こんばんは、しげです。

お~。早速、取材記事になってブログに載っています。(゜o゜)

昨日、私も端末の種類の多さには、驚きました。
本当に各社が色々な形式で、端末を出しているのが実感できました。

既存のネット配信業者以外にも印刷会社、出版社、書店など去年まで電子書籍には反対派だった組織も本格参入を予感させるのが時代の変化でした。(゜o゜)

まだ、ユーザインタフェースや作品の表現方法が統一されていない。電子書籍の世界は、これから色々な事が決まる状態ですね。まさに電子書籍元年って感じです。(来年が電子書籍元年なのかな)

今後とも、宜しくお願い致します。
2010/11/15(月) 23:50 | URL | しげ #-[ 編集]
今年も変わらず苦しみます(笑)

漫画家さんが絵を書かなくなったと聞いたときは驚きました。

時代が進むにつれ、確実に何かが失われてるような気がします。
2010/11/16(火) 02:00 | URL | たけ。 #-[ 編集]
黒田裕樹様>

第二次産業革命の時もそうでしたでしょうけど、
テクノロジーの進化は人の暮らしを
一変させますからね。
面白い時代だと思います。

次回は浅草、場所がいいですね(≧∇≦)b
おつな江戸情緒を楽しんでください。
2010/11/16(火) 12:24 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
Ayana'様>

わぁ!!よくいらしてくださいました。
ありがとうございます!!

Ayana'さんの世界感はすごく好きです。
僕もモノ作りのはしくれとして
立体物は憧れですし、ヘタな横好きで
趣味でへんてこなモノを作ったりします^^

また、お気軽に遊びに来てくださいね。
2010/11/16(火) 12:30 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
ポール・ブリッツ様>

>結局、相場がいくらになるのかは見ものでしょうね……。
>貧富の差がますます加速しそうです……。
>うーん……。

相場というのは原稿料の事でしょうか?
それとも課金率等の事でしょうか?

佐佐木が愚考するに
その辺りの原稿料的なモノは
あまり従来と変わらないと思います。

というのも、広告的料金設定の
ある種の基本にもなってる部分ですので
あまりドラスティックな変化は
逆に混乱を起こしかねないからです。


また、課金率も
ある意味印税的な側面もありますから
海外配信等を考えたらチャンスは増えると思いますが
それは、リアルの紙媒体でも人気のある作品は同じく
外国での販売がある訳なので流通、印刷等の手間暇が
無くなる分多少は向上してほしいものです。

能力給で働く仕事として
売れる売れないはどうしてもついて回るモノですから
そこだけ見たら貧富の差は歴然と発生しますが、
僕の周りにいる作家さんの多くは
生活が出来て好きな作品をかければ幸せという人が多いです^^
2010/11/16(火) 12:41 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]

Rich 様>

おおぅ!!ひさしぶり~!!
げんきだった?

> ご無沙汰してます~。この話題、僕も興味あります。
> 電子書籍は可能性の宝庫だと思いますね。

たしかに、この先が楽しみな分野です。

> 例えば今人気のライトノベルなんかは、アニメ文化と物凄く相性がいいので人物の台詞の部分に豪華声優陣
> を加えて聴覚で楽しませるなんてことも出来そうですし。

いいね~!!簡単なフラッシュでページの端で小さなキャラクターを動かせていても可愛いかも^^



> 筒井康隆や寺山修二クラスの天才なら、電子書籍でしかできない視覚効果を巧みに使った小説や詩を考える
> かもしれません。

寺山のデジタルアプローチ!!よみて~(≧∇≦)b


> それに甘えて内容がおろそかになるのは怖いですが…


そこは、きっちり読者が判断してそれこそソーシャル、またはマーケティング的に判断されるだろうから
逆に、今まで以上に評価基準は厳しくなると思うナリ^^

> まあなんでもツールは使う人間の才能次第ですよね。作家さんたちには、ツールに振り回されることだけは>> 避けてもらいたいです。

女の子には振り回されたいけどね(爆)





又、遊びに来てにゃ(≧∇≦)b
2010/11/16(火) 12:49 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
しげ様>

先日はありがとうございました!!

しげさんの説明や解説がとても
わかりやすくて、大変勉強になりました(≧∇≦)b

これからどうなっていくのか
漫画家の想像よりはるか大きな変化がありそうで
ドキドキです。

これからも
よろしくナビゲートお願いします!!
2010/11/16(火) 12:52 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
たけ。様>

人間の手には一つしか持てないようにできてるのかもね。

一つ失って、一つ得る。
でも、失ってばかりでもないと思うよ。
寿命以外はね。(爆)


追申

佐佐木はちゃんと絵を描きますよ(笑)
2010/11/16(火) 12:56 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/302-1be600f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。