あまりに日常的すぎて気付かなかった疑問

あまりに日常的すぎて気付かなかった疑問

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


「手前は越後のちりめん問屋の

隠居でございます」




聞き覚えのあるセリフです。


「この印籠が目に入らぬか~!」

って定番セリフがインパクトがありすぎて
ついつい、見逃しがちなこの

「手前は越後のちりめん問屋の隠居でございます」
ってセリフ・・



考えてみると
なぜ、越後なんだ?
なぜ、ちりめん問屋なんだと
あまりにベタすぎて
疑問に思わなかったが
変な話である。



早速、ネットで検索してみると
どうやら「水戸黄門」の定番ネタで
「二人の黄門さま」って感じの話があって
(黄門さまのそっくりさんを一人二役で演じる人気ネタ)

その一番初めに出てきたそっくりさんが
越後のちりめん問屋の隠居だったらしく
それ以降、黄門さまが
世をしのぶ仮の姿として
便宜上名乗る事になったらしい・・




しかし・・



よく考えてみると

あの爺ぃは(水戸黄門)
何かにつけてゴタゴタ事に首を突っ込む癖のあるじじぃだ・・


上は将軍家に意見をする事からはじまり、
他国の家老、代官、下はやくざの親分から泥棒まで
何でもありで内政干渉をしまくる(笑)



当然、黄門さまの事をよく思わない輩は
毎年のごとく日本中に蔓延っていく。


実は天下の副将軍様だと
理解してくれた悪党はいいが
頭の悪い手下というモノは
どこの世界にもいるもので

「水戸光圀は越後でちりめん問屋を営んで世を忍んでいる」
「それっ!親分の敵だ、いけー!!」


などと早走る手下が居てもおかしくない。



黄門さまは越後のちりめん問屋の隠居(本物)に
危機が迫るとは考えないのだろうか?


よくモノマネ番組に出てくるそっくりさんが
もし、本人になり済まして
もめ事を起こして日本中を歩いて回ったとしたら・・・


ご本人さんは溜まったものではない。



水戸のご隠居もよくよく無責任なじい様である。







ただ、漫画的に面白く理屈をむりくり付けたとしたら
キーワードは「越後の国」となる。



越後は昔、越国「こしのくに」(越前・越中・越後の総称)と呼ばれた地方で
ここからはなかなか面白い人物が出る。


日本書紀には
この越国のある海岸に一隻の船が漂着し
その中に一人体躯の大きな人物がおり、
驚くべき事になんとその頭には角が生えていたという。

役人が名前を問い正すと
その人物はは加羅の国(後の任那)の王子で名を「ツヌガアリヒト」だと名乗ったと言う。

以来その故事に因んでその地を
「角鹿」(つぬが)と呼ぶようになった。

鬼伝説の一つの発祥の地である。

普通では無い異形、異能の人物や一族を指す時に
「鬼」が代名詞となる場合がある。

鬼と言えば源頼光とその四天王に退治された有名な
酒吞童子も実はこの越国の出身とされているし、

あの陰陽師の安部清明の子孫、
土御門家が屋敷を作ったのも
この越国であり、

もっと言ってしまえば
三王朝交代説
(皇室は万世一系ではなく三つの王朝が引き継いだ形で現在に続いていると言った説)
の中で最後の王朝の祖とされてる継体天皇もこの越国から突然現れる。

他にも名前を出そうとすれば結構な人物が
出る国がこの越国なのである。

しかも、それが

「ツヌガアリヒト」
「酒吞童子」
「安倍清明一族」
「継体天皇」

そして「水戸黄門」(笑)といった
中央との微妙なバランスを取る立ち位置の人物達だったりするんですなこれが・・


徳川御三家でありながら水戸学を生み出す黄門さま・・
この水戸家の徳川家の中での立ち位置って言ったら
やっぱり面白いポジションにいるじゃないですか。


まぁ、そこまでかんがえて
越後のちりめん問屋の隠居を名乗ってるってわけじゃないでしょうが(爆)





でも、ね(≧∇≦)bなんとなく 
ネタ的に微妙にやばい雰囲気も持ってますが
マンガっぽく弄れそうじゃないですか?w




料理するにはかなりの構成力が求められそうなので
佐佐木は描きませんが・・(爆)






・・・・漫画家ってこんな事ばっかり普段から、かんがえてるんです・・






関連記事

タグ : 水戸黄門 越後 ちりめん問屋 マンガ

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
つい先ほどその「ちりめん問屋」を見たばかりの黒田です(といってもクライマックスの際に帰宅しただけですが)。

言われてみれば越の国にはものすごい英雄たちがいますね。特に継体天皇はその血が1500年以上も続いていますから(^^ゞ

今回のような発想は歴史の勉強にも役立ちそうです(^_^)v
2010/10/25(月) 21:12 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
黒田裕樹様>

お仕事お疲れ様です。
水戸黄門はクライマックスだけ見ても
なんとなく見た気がしていいですよね。

今回の記事は
こうして「なんちゃって歴史」が作られる
原因というかなんというか・・(;・∀・)

所詮は漫画家の戯言ですので
笑い飛ばしてくださいw
2010/10/26(火) 12:48 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/290-4cbcded7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。