締め切りの効能

締め切りの効能

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


基本作家は
いわゆる時間の概念というか
土日がどうの季節がどうのと言った
感覚が薄い・・

いったん仕事場で机に向かうと
いったい今が昼か夜かすら
判らなくなる事すらある。

朝か夕方か太陽の方角で
なんとかわかるような生活(笑)

しかし、絶対的に守らなければいけないのが
「締め切り」というやつだ。



しかもこの
「締め切り」という概念は
実際の仕事のほかにも
実生活にも根をはっており。

以前にも記事で書いたが

例えば朝、
目覚ましもなしで自然と自分で決めた時間に起きれるのも
この締め切りの感覚がそうさせているのだと思う

また、普段のなんにでも
この「締め切り」的概念が作用するため。

食事だの風呂だの
テレビだのと一日の内にこなさねばならない
諸事はその日のメインとなる用事の時間を
キープするため自然とうまく
時間調整されてるという事に気づいた。


他人さまからは
自分で自由に時間を使える、
いい職業ですねと
よくいわれるが、本人としては
時間に追われてるのか追われてないのか
判らないでいる・・


確かにまだ締め切りに余裕が
ある時などは
寝たい時に寝て、食べたい時に食べると言った
ほとんど野生動物のような生き方。


とてもではないが
文化人などと呼ばれるには
程遠い所に生息しているのが
作家という人種なのだ。


だが、その反面、
おかげでカップラーメンを
時計も見ずにちょうどよい時間に
食べ始める事が出来るのは
この「締め切り」感がなせる業か?


だとすれば、生きていく上では
充分な効能だと言わざるを得ないだろう。


と、一人納得している。





関連記事
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


この記事へのコメント
わたしも開発の仕事の方は、常に納期(時間)に追われています。

でも、カップラーメンはめったに食べないのでわかりませんが。
立ったままとかでも、いつでもどこでも分単位で仮眠を取れるようにはなりました。
2010/05/31(月) 19:43 | URL | k65.y #-[ 編集]
k65.y様>

きっと、僕らボクサーにもなれましたね(≧∇≦)b
2010/05/31(月) 21:47 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
なるほど、職業によって様々な効能があるものなんですね。
俳優さんも収録の関係で不規則な生活を強いられているという話を聞いたことがありますし、時間通りの仕事であったとしても「たまたまそんな環境にいる」だけなのだ、ということなのでしょう。

それぞれのメリットを活かして、日々の暮らしが成り立っているんですよね。
2010/05/31(月) 22:53 | URL | 黒田裕樹 #qvcTopkk[ 編集]
直前に6時間も寝過ごした事があります。(熟睡ですね)
最近では、寝過ごしてしまうのが怖くて
椅子に座ったまま仮眠とっていたり・・・。
それでも、〆切破ったり・・・。
ダメ人間です。

佐佐木先生、すごい・・・。
まじ、尊敬です。
2010/06/01(火) 03:37 | URL | しより #-[ 編集]
黒田裕樹様>

環境が人を作るとは
よく言ったモノです(笑)

佐佐木も、もしかしたら
神父さんのような生活だって
出来るのかもしれませんね(;・∀・)

2010/06/01(火) 16:17 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
しより様>

僕も昔は原稿が上がるまで
寝ないで描いてたんですが、
実は、寝ても寝なくても
同じくらいの時間に終わると言う事に気がついて
以来、締め切り前でも寝るようにしてます(爆)

僕の場合、たぶん寝ないで描いてても
気絶してる時間とかを考えたら
効率よく寝て仕事をしたほうが
よいのかもしれません(笑)
2010/06/01(火) 16:21 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
締め切りって絶対ですよね。
ただ、仕事で、○月×日までに、といった場合でも、
朝なのか定時までなのか日付が変わる前までなのか、
きちんと決めておかないと、お互い大変嫌な思いをします。
少なくとも、当日受け渡しが出来るというのが、
最低条件のような気がしますが、これも人によっては・・・。

時間の制約と言うのは、職業の如何に限らず、
人と何かをするということには付き物ですよね。
仕事に限らず、普段の生活の中でも、先生の仰るように
時間のしばりがありますね。相手がカップラーメンやテレビのように
共通認識されている時間な場合は、あまり問題ありません。
問題なのは、ご当地時間というか、時間感覚に個人差があること。

待ち合わせなども、10分の遅れって人によっては
全く問題無かったりして、驚かされたりしますね。
本人は自分は時間に正確なつもりですから
ちょっと遅れるなんてメールも寄越しませんし。

ちょっと話がずれましたね。すいません。

時間に関することでは、面白くない事色々あるものですから。
時間に限らず、言ったもん勝ちな感覚であれこれ吹聴する人には
困ったものです。

大人になって困るのは、こういったことをはっきり言うのも、
大人気ないと言われてしまうこと。
精々、実情を知っている人間同士で、よく言うよ、と苦笑するしかない。
大人ですから、付き合わないようにするしかないんですかね。

先生は交友関係広そうだから、そういった事も多いんじゃないですか?
何か、アドバイスを頂ければ幸いです。
2010/06/02(水) 02:49 | URL | 東京在住 #-[ 編集]
東京在住様>

時間の問題は非常に難しいですね。

仰る通り、その認識は
個人個人の差があるため
線引きが難しいのは当然かもしれません。

例えば、沖縄県等や、
海外でも南の島国では
日本人の感覚では信じられないような
時間の概念で生活するのが
常識化してます。

待ち合わせの時間に
ようやく、家を出るか出ないか
といった感じ?(笑)


しかし、その場の人々にとっては
それが普通である限り、

世界規模で見たら
これが当然と言った
常識論は成立しないかもしれませんね。



アフリカのある国では
日本人は約束の時間通りに来るから
困るといった話が
あるくらいですから・・(笑)


個々のスタイルを
尊重しつつ
お互いの許容範囲を
構築していくしか
グローバルに考えたらないのかもしれませんね。


2010/06/02(水) 19:13 | URL | 佐佐木あつし #kHq0Ynjg[ 編集]
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://gekiuchi.blog61.fc2.com/tb.php/232-7596a393
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。