2010年05月

2010年05月

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


基本作家は
いわゆる時間の概念というか
土日がどうの季節がどうのと言った
感覚が薄い・・

いったん仕事場で机に向かうと
いったい今が昼か夜かすら
判らなくなる事すらある。

朝か夕方か太陽の方角で
なんとかわかるような生活(笑)

しかし、絶対的に守らなければいけないのが
「締め切り」というやつだ。



しかもこの
「締め切り」という概念は
実際の仕事のほかにも
実生活にも根をはっており。

以前にも記事で書いたが

例えば朝、
目覚ましもなしで自然と自分で決めた時間に起きれるのも
この締め切りの感覚がそうさせているのだと思う

また、普段のなんにでも
この「締め切り」的概念が作用するため。

食事だの風呂だの
テレビだのと一日の内にこなさねばならない
諸事はその日のメインとなる用事の時間を
キープするため自然とうまく
時間調整されてるという事に気づいた。


他人さまからは
自分で自由に時間を使える、
いい職業ですねと
よくいわれるが、本人としては
時間に追われてるのか追われてないのか
判らないでいる・・


確かにまだ締め切りに余裕が
ある時などは
寝たい時に寝て、食べたい時に食べると言った
ほとんど野生動物のような生き方。


とてもではないが
文化人などと呼ばれるには
程遠い所に生息しているのが
作家という人種なのだ。


だが、その反面、
おかげでカップラーメンを
時計も見ずにちょうどよい時間に
食べ始める事が出来るのは
この「締め切り」感がなせる業か?


だとすれば、生きていく上では
充分な効能だと言わざるを得ないだろう。


と、一人納得している。





スポンサーサイト
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。