2010年01月

2010年01月

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


なんだか、風のうわさで
あの「タイタニック」を興行収益をダントツで
抜いたとか抜いてないとか・・

友人に聞いても、ともかくべた褒めの
「アバター」を昨日見てきた。



最初、CMなどを見た感じでは
どうもあの異星人?(主人公)のビジュアルに馴染めそうになく
DVDでいいかな・・などと考えていたが
観に言って吃驚(゚Д゚ )ウモォー!



ぶっちゃけ、
佐佐木はかなりいろんな映画を見てきましたが
その中でも下手したら・・
いや、下手しなくても確実に
トップ3に入る大作だった。

(≧ω≦)人(≧Д≦)人(≧◇≦)人!


いやぁ・・


最初危惧していたビジュアルも
観ていくうちにどんどん馴染んできて
女性異星人もそのうちかわいく見えてくる(:.;゚;Д;゚;.:)ハァハァ

ストーリーや伏線の張り方は
「見事」と言うしかない。


かなり、宮崎作品に影響を受けてるのも見受けられるが
いい作品同士が影響しあうのは当たり前と言えば当たり前の事

ナウシカとラピュタともののけ姫と未来少年コナンを一つにして
それにエイリアンとハインラインの小説「宇宙の戦士」(映画だとスターシップトゥルーパー)
とファンタジー物を一纏めにしたような作品と言ってしまえばあまりにもな表現だが

作品としてのクオリティーは
確実に映画史に残るだろう殿堂入りは間違いない。


3D作品なのだが、主人公が操る飛龍?の肌の質感や
どこまで考え尽くされた事か想像も出来ないほどの
植物や動物の生態系や設定は観る者を圧倒する。



もし、まだ観てないという方や、
佐佐木のように躊躇(ちゅうちょ)されてる方が
いらっしゃるのなら、是非行かれた方がいい。
特にクリエィターの方には絶対のお勧めです。




ちなみに佐佐木が見た
映画館では作品が終わった時
客席からは大きな拍手が鳴り響きました。





(ツマラナイ作品だったら3Dメガネをパクッてやろうかと考えてたのは内緒です)









スポンサーサイト
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. |  Next

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。