お薦め的なもの

お薦め的なもの

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


皆様おはこんばんわ。

佐佐木でございます。
連日の忘年会で、皆様かなり胃の方も
お疲れじゃないですか?

朝の味噌汁が
体に英気をくれますよ^^
朝ご飯は大事ですねー♪



話は変わりますが
また、ここで告知させてください。


漫画家 永野のりこ先生からのお声掛けでクリエィターの有志が
集まり、遠くふくしま東北への思いを込めて描かれた
素敵なイラストがたくさん掲載されています。


ふくしま東北再生復興祈念誌 
『あしたの碧空-アシタノあおぞら♪アシタノミソラ-』

2011e586ace8a1a8e7b499.jpg




僭越ながら、僕も一枚描かせていただきました。

こちらは冬のコミケ
コミックマーケット81さん 2011年冬 12月31日(土曜日)
東4地区 「ユ」ブロック-31a にて販売され、

印刷費、輸送費等の、基本的経費以外の、
すべての収益分をふくしま東北の被災地の、
「現場で闘ってくださっている方々」の 許に送られます。

ご紹介ページ さいはての石の下のアレ


戦後最大の激動の年を迎えた日本列島。
毎日、辛い日々を送られてる
被災地の皆様に少しでも温かいモノが届きますように。


スポンサーサイト

タグ : 佐佐木あつし ふくしま 東北 復興支援 コミケ

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


映画、「相棒シリーズ 鑑識・米沢守の事件簿 」
のビデオをレンタルして見た。



あの、特命係の杉下右京(水谷 豊)と亀山 薫(寺脇康文)
の活躍を描いた「相棒」のスピンオフだ



今回は、前作に当たる
「-劇場版- 絶体絶命!42.195km 東京ビッグシティマラソン」での
無差別爆破テロ後の話を
鑑識課・米沢守(六角精児)の視点で 描いてる。

kanshiki_dvd[1]



劇中、所々に
右京さんと亀山君もちらりと出演しており。
小粋な演出を見せる。




実は、これに出演してる
俳優の萩原聖人君は友人で
ある女性漫画家さんから紹介されて以来、
たまに会ったり、呑んだりしている。


普段からも、すごく丁寧で優しい人で
熱烈なファンが着いているのもうなづける。



知り合いの映画を見ると言うのは
なんだか不思議な感じだが

見ている内にどんどんと
ストーリーに引き込まれていった。




日本人は生粋のミステリ好きだ。


ドラマでも毎日のようにミステリモノが放映され
小説でも必ずトップ10に何作か入っている。



かく言う、佐佐木もかなりの
ミステリ好きだが

今回のこの{相棒}は
本編に勝るとも劣らずの出来だと思う。





なにか、見るものは無いかとお探しの時は
手にとって見られてはいかがでしょう。




ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


唐突ですが
佐佐木はほぼ毎日なにがしかのDVDを見ます。

もちろん、ほとんどがレンタルなんですが、
こう毎日見てるとさすがに琴線に触れるような
作品が無くなってくる。

新作DVDはもとより、海外ドラマから韓国ドラマまで
手当たり次第といった感じだが、

そんな生活を何年もしているとさすがに
最近は息切れしてきた。


しかし、まだまだ奥の手はあるもので・・



近頃というと、
大昔の超大作にハマってたりする。

デジタルリマスター版だ。

昔、子供のころ。
まだ、DVDなどのレンタルショップもない時代、
家庭内で見れる映画といえばTVしかなかった頃に見た
数々の名作。

何回も見たはずなのだが、
意外にストーリーなども忘れており、
まったくの新作状態で見れる。

しかも、当時では考えらない解像度の、
とんでもなく美しい画面で見るそれは
ある意味衝撃ですらあった。


昨日見たのはエリザベス・テイラー主演の
「クレオパトラ」

引用; フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
: 2009年10月4日 07:01 (UTC)
URI: http://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=
%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%91%E3%83%88%E3%83%A9_
(1963%E5%B9%B4%E3%81%AE%E6%98%A0%E7%94%BB)&oldid=28315523


なんといっても製作費が現在換算で
3億ドル以上、エキストラの数は20万人を超え、
製作会社をあわや倒産の憂き目寸前まで追い込んだ
伝説の超大作だ。

CGになれ久しんだ眼にはすべてが本物という
圧倒的な迫力の前には頭を垂れさせられる。

昔の空気や海の透明度、
何千騎もの騎兵が起こす土煙。
アクティウムの海戦では本物の
軍船を何艘も作って投石機で看板をぶち抜き
火を放って炎上させる無法ぶり・・

まさに「レッド○リフ」も逃げ出さざるを得ない
ハリウッド全盛の力技の数々には脱帽です。

キャスティングではエリザベス・テイラーに圧勝されたらしいが
オードーリーのクレオパトラも見たかった。




ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


 | Copyright © 漫画家佐佐木あつし公式ブログ ☆☆気づきの記☆☆ All rights reserved. | 

 / Template by 家族 ペット 自分史 ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。