台湾
FC2ブログ

台湾

漫画論、国際交流、思い出、それにくだらない話からオカルトまで、様々な「気づき」を綴っていきます
昨日 台湾から帰国しました。

怒涛の4日間!


今回も遠くはなんとフィンランドをはじめ
世界各地の漫画家が集まり
国際交流を深めてきました。


(台北駅)


なんせ、去年の香港大会は前日に倒れてしまってドタキャンをしてしまう失礼をしてしまったので、
今回は無事終了、参加できて大変嬉しかったです。



(なんかのコスプレの人と(笑))



久しぶりに会う海外の漫画家さんも
初めて会う漫画家さんも漫画という共通の言葉が
結びつけてくれる友情は熱く、
素晴らしい時間を過ごすことができました。




(調印式。右から2番目が里中満知子先生)


フォーラムも充実した内容の報告がなされ、
次回の開催国、韓国へ受け継がれていきます。
で、その次はマカオ!!うひょ~~~~~!!



台湾の方は本当に素晴らしいホスピタリティーで、
皆さん優しく丁寧に接待いただき感謝するばかり
至れり尽くせりで海外においても全く不安のない
滞在をご用意してくださいました。



(大会用に提出したランドセルンのイラスト)











(海外の漫画家さんとサインの交換。友情が大きく膨らんでつながっていきます)







(台湾のコミケ?会場で展示された各国の漫画家のサイン)






(帰りの台北行の新幹線で一緒になった皆さんと。恐れ多い先生に挟まれてビクビクの佐佐木)

今日はさすがにばてて昼過ぎまで寝てましたが、また明日から頑張ります。




(追伸、フィンランドの漫画家さんマッキネン先生から聞いた話では
ムーミンに出てくるスナフキンの本当の名前はノースカモイックネンというそうです(笑)




マッキネン先生はハードベジタリアン、台湾料理はどうだったのだろうか?(笑)




佐佐木でした





タグ : 佐佐木あつし 国際漫画サミット 台湾 漫画 国際交流

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


こんばんちわ^^


佐佐木は明日から
台湾で行なわれる
国際マンガサミットに行ってきます


去年の香港は
いきなり体調を崩してしまい
参加できなかったので
今年は万全の体制で
行ってきます。


また帰ってきたら
その模様をお伝えしますね。

海外の漫画家さんとの交流は
大変エキセントリックで
すごく勉強にになるのです(≧∀≦)



写真は今回のために作った
ポストカード(台湾バージョン)です。







えへへ、なんかそれっぽいでしょ(≧∇≦)





佐佐木

タグ : 佐佐木あつし 漫画 国際漫画サミット 台湾 高雄

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村


何年前だったか、

当時、連載していた「激打ちラッシュ」という作品の中で、
海外にある日本のパチスロを打ってくるという企画があがり、
調べてみると台湾に面白い機種があることを知って現地へ向かった。


引きこもりがちな漫画家という職業についていながら、
僕はかなりアクティブなほうで、
海外旅行といっても隣町に行くような感覚でしかない。
ヘタをすると荷物などはコンビニの袋にぶち込んで平気で行ったりする。
(アジア界隈だと持っていくものがパスポートとお金とたばこくらい?(笑))


とはいうものの、その時、実は台湾は初めてだった。
あんなに近い国なのになぜか行ったことがない。

僕は初めての地への旅に心が浮き立っていた。

うちの弟子のツカオをはじめ、数人の仲間たちとの旅は
いつも一人旅が多い僕にとっては格別に楽しいものだった。


集合写真



歴史好きな僕は日本と台湾の複雑な過去を振り返りながら
かの地を一通り、取材やら観光を楽しみ、台湾料理に舌鼓を打ちつつ
数日が過ぎた。

道路


ホテルでくつろいでいる時、もはや持病レベルの肩こりが
春先に沸く地虫のようにふつふつと湧き立ってきた。


仲間をホテルに残し散歩がてらどこかの店で
指圧でもしてもらおうと街に一人で出向いたときの話。


ガイドブックも何も持ってない僕は、
マッサージの店を探し、数軒を物色。
(ここで、言っておきますが話はHな方向にはいきませんから(笑)。)

そうこうしていると、結構繁盛してる一軒があり、
現地のおじいちゃんやおばあちゃんなどが気持ちよさそうに施術をされている。
ふらふらと誘われるようにその店に入り漢字と身振り手振りと得意のイラストで
意思疎通。

海外ではこの絵が描けるというスキルは爆発的な威力を持っていて、
多分に僕を助けてくれる。 


 


ともかく、なんとか交渉もうまくすみ。
いざ、施術。

すると、後ろから女性の声で
「先生、先生・・!」

と僕に呼びかける声がする。


「おいおい、なんだい?海外でも僕のこと知ってる人がいるのかい?」
「佐佐木もずいぶんとワールドワイドじゃないか・・」

などと、ずいぶんと調子よく、好き勝手なことを考える佐佐木。


振り返ると上品そうな婦人がニコニコと微笑みかけてくれている。

「先生は日本からですか?」
婦人は、片言以上の日本語を流暢に使い話しかけてくれた。

話を続けるうちに、どうやら「先生」というのは
男性に対して呼びかける時の言葉のようだとわかってきた。

先の自分の思い上がりっぷりっに赤面しながら
婦人との会話が続く。

そうか、
この年代の方は、15年戦争において創氏改名や軍国教育を強制的に
強いられ、そのせいで日本語を使う方がいらしゃるんだった・・

台湾と日本が荒縄を絞り込むように作ってきた歴史が
頭をよぎる。



婦人は昔の歌も覚えてますよと、

施術を受けながら
日本の童謡をうたってくれた。
「おぼろ月夜」だった。


婦人は歌の後に遠い眼をして言った。

「昔のことは、忘れた。」
「今はこうして先生のようにお若い方がこうして台湾に来てくれることがうれしい。」

僕は西来庵事件はもとより日本陸軍が五族共栄の名のもとに
台湾の方々にどれほどの血と苦しみを与えてきたかを知っている。

歴史的事実として虐殺があったことを知っている。

婦人は僕を見てまた来てくださいねと笑った。



ホテルへの帰途。
僕は泣いていた。


空を見ると台北101の威容がそびえ立っていた。



あの婦人の歌と共に
絶対に忘れてはいけない思い出だ。 



 
台北101





タグ : 台湾 海外 写真 思い出 漫画 観光 パチスロ

ヤサシクおしてねん!(* ^ー゚)ノ
     ↓
にほんブログ村 漫画ブログ 漫画家へ
にほんブログ村